simg_5235.jpg img20210604090104916778.jpg 3f.jpg 2f-2.jpg 2f-1.jpg

2021年、
新札幌キャンパス
誕生。

札幌学院大学は、2つのキャンパスに

新キャンパスは「多様なこと?ひと?もの(diversity)」 との「協働(collaboration)」を図るキャンパスとして設計されます。地域住民ならびに地元企業のみなさまと本学の学生?教職員をつなぐ結節点となるべく「都市型」「開放型」キャンパスを目指します。


2021年、札幌学院大学は「新札幌キャンパス」で新たな学びのステージへ
‘One life, Many answers’ in Shin-Sapporo and Ebetsu

在学生?大学院生各位
 
 2021年4月、札幌学院大学は新札幌キャンパスを開設します。これからの札幌学院大学での学びは、新札幌キャンパス(札幌市厚別区)と江別キャンパス(江別市文京台)それぞれの特長を存分に体験できる新たなステージに移行します。
 新札幌キャンパスのコンセプトは「多様なこと?ひと?もの(Diversity)」との「協働(Collaboration)」です。新札幌駅に近接するキャンパスは街中(マチナカ)にある都市型キャンパスの立地を活かし、「人とコラボレーション(Human Collaboration)」、「地域とコラボレーション(Local Collaboration)」、「世界とコラボレーション(Global Collaboration)」ができるよう設計されています。「人とコラボレーション」を実現するためキャンパスには地域住民、ビジネスパーソン、行政職員が自由に利用できる開放された空間が校舎内外にあります。地域住民の中には施設を利用するだけではなく、札幌学院大学の皆さん、すなわち2021年4月から新札幌キャンパスで中心的に学ぶ経済経営学部学生と大学院地域社会マネジメント研究科大学院生、2022年4月から移ってくる心理学部学生と大学院臨床心理学研究科大学院生の皆さんと共に解決したい何かを持ち、コラボレーション(協働)するため、気軽に来訪して頂く仕組みと仕掛けを大学は用意しています。社会、地域、企業、住民団体等の課題をコラボレーションで解決することで、課題解決という実践的学びと社会貢献の経験を同時に得ることができるようになります。
皆さんの社会に生きる力を伸ばすためのキャンパス、それが新札幌キャンパスです。
 また、江別市にある江別キャンパスは1968年、札幌郊外の江別市文京台に開設、札幌学院大学の発展と共に施設を拡張しましたが、野幌原生林の面影を残す豊かな自然がキャンパス内に残る環境型のキャンパスです。広々とした敷地と校舎内に皆さんの居場所、一人で自分の世界に浸り、あるいは友人と楽しく交流できるたまり場が豊富にあります。江別キャンパスには道内私立大学でもトップクラスの蔵書数を誇る図書館、自由に利用できる500台ものパソコンを設置したパソコン実習室、協働で学修するための専用スペースであるラーニングコモンズとコラボレーションセンター、学生諸団体の部室といった施設は、皆さんが自ら学び、成長するための充実した環境です。そして江別第1キャンパスから徒歩3分の場所には各種のスポーツに対応した屋内施設とグラウンドを有する江別第2キャンパスがあります。その江別キャンパスを中心に学修をするのが人文学部、法学部、大学院法学研究科の学生?大学院生の皆さんです。札幌学院大学の長い歴史で培ってきた文化、言語、教育、福祉、法律学を講義や図書館でじっくり学び、社会に生きる力へ変えることができる場所が江別キャンパスです。
 大学は、それぞれのキャンパスを中心に学修する皆さんが、他のキャンパスで学修する機会と交流する機会を設けます。それぞれに特長を持つ江別キャンパスと新札幌キャンパスの両方を札幌学院大学の学生の皆さんはぜひ活用し、学生生活を楽しみ、社会に生きる力を大いに伸ばして下さい。One Life, Many Answers、 皆さんのアンサーを、複数キャンパスの充実した学生生活の中でぜひ見つけてください。
 

2021年3月1日
学長