simg_5235.jpg img20210604090104916778.jpg 3f.jpg 2f-2.jpg 2f-1.jpg

新札幌キャンパス:
飛躍は次のステージへ。

2022年4月、心理学部、臨床心理学研究科、心理臨床センターが新札幌に移転します。

2021年4月に開設された新札幌キャンパス。そのキャンパスコンセプトは「多様なこと?ひと?もの(Diversity)」との「協働(Collaboration)??それを実現すべく、昨年開設された経済経営学部に加え、2022年4月からは心理学部、臨床心理学研究科、心理臨床センターが江別キャンパスから移転し、地域の知の拠点としての躍動を開始します。

simg_5488.jpg simg_5442.jpg simg_5491.jpg simg_5494.jpg simg_5453.jpg simg_5431.jpg simg_5444.jpg simg_5518.jpg
  • 01
  • 新札幌キャンパスのSDGsへの貢献:環境対策

最新の省エネ設備を完備し、高いエネルギー効率による施設運用を実現した新札幌キャンパスは、札幌市建築物環境配慮制度(CASBEE 札幌)にて、Aランクの認証を受けています。

新札幌キャンパスの主な省エネルギー対策
 ▼遮熱?断熱効果の高い Low-e ガラスの採用
 ▼節水効果の高い壁排水フラッシュタンク式大便器の採用
 ▼トイレは人感センサーによる点滅制御
 ▼省電力?長寿命の LED 照明の採用

*「札幌市建築物環境配慮制度( CASBEE 札幌)」とは、「環境に配慮した建築物」の普及?促進を図ることを目的として、 2,000 ㎡以上の建築物の新築、増改築を行う建築主等が、自らその建築物に係る環境に配慮した事項について評価を行い、その結果(建築物環境配慮計画書)を札幌市に提出することを条例で義務付けている制度です。

  • 02
  • 比分365,直播365感染症への対応?対策

換気設備(写真は2階多目的ホール内)

新札幌キャンパスは最新の換気設備を導入し、法定基準より厳しい独自の基準を設定して常時換気を行っています。

厚生労働省(2020)は比分365,直播365感染症対策に有効な換気の基準として、屋内空間の二酸化炭素含有率を「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」が定める1000ppm以下とすることを推奨しています。新札幌キャンパスは二酸化炭素含有率が800ppmを上限として機械監視を行っています。

参照文献:厚生労働省(2020)「『換気の悪い密閉空間』を改善するための換気の方法」

  • 03
  • 施設紹介-Photo impressions-

新札幌キャンパスには、キャンパスコンセプトの実現を可能とする最新の設備?機器が備わっています。

【撮影:株式会社クリエイティブアイズ 川村剛弘】

新札幌キャンパス外観(左は札幌看護医療専門学校)

新札幌キャンパス外観

「札幌の景観色 SAPPORO COLOR」を用いた外壁には「杜」を意識したグリーン、本学のブランドカラーでもあるグレー、そしてホワイトの3系統の色がランダムに配置されています。この色合いは、環境配色コンペティション 第24回グッドペインティングカラーにおいて優秀賞を受賞しました。
[Webサイト]第24回グッド?ペインティング?カラー[日本塗料工業会]

プロムナード

プロムナード

キャンパスを貫くプロムナードは市民の方も自由に通行できる公開空地であり、「地域に開かれた大学」としての姿勢を象徴する空間です。

社会連携センター

社会連携センター

社会連携センターは地域社会と大学をつなぐ産学官民連携の中核施設として、ビジネスミーティングや各種イベントが開催されます。
社会連携センターWebサイト

図書館

図書館

約62万冊の蔵書を誇る江別キャンパスの大学図書館本館の分館として、経済学や経営学、心理学の専門書を中心に約10万冊を所蔵します。フロアはグループ学習が可能なアクティブゾーンと静かに過ごしたい利用者向けのサイレントゾーンにゾーニングされています。またひときわ目を引くブックコリドールはフロアを通貫する展示用ディスプレイとしても利用されます。
図書館Webサイト

吹き抜けの階段

吹き抜け(1階)

ゆったりとした段差が印象的な階段は、ガラス越しに外部からもよく見えるアイキャッチとして設置され、おしゃべりしても読書しても良い自由な空間です。

吹き抜けの階段

吹き抜け(2階)

1階から3階までを貫く大規模な吹き抜けは自然光をふんだんに取り込み、建物内部に明るさと開放感をもたらします。

コリドー

コリドー(1階)

1階の諸施設はラウンジを兼ねたコリドーにより結ばれ、施設利用者の交流の場としての役割を担います。「地域に開かれた大学」として、外部との連続性を意識できるようガラス壁を多用し、明るく開放的な空間にデザインされています。

ラウンジ(写真は5階ラウンジ)

ラウンジ

建物内にはいたるところにラウンジが設置され、トップライト(天窓)や吹き抜けからやわらかな自然光が降り注ぎます。

教室?演習室(写真は5階演習室)

教室?演習室

すべての教室にそれぞれ3色のカラーパターンを配置し、識別しやすいよう配慮されています。インテリアに彩りを与える配色パターンは「多様性の杜」をイメージしています。

教室(写真は3階304教室)

教室?演習室

キャンパスには授業の形態に合わせて様々な規模の教室、演習室があります。また各種イベントが開催できるよう、最大で300名を収容できる多目的ホールもあります。

カフェテリア

カフェテリア

カフェテリア「Resto U」では北海道の食材をぜいたくに使った豊富なメニューを学生価格で提供しています。
札幌学院大学生活協同組合Webサイト

駐車場

駐車場

コインパーキング式の駐車場はどなたでも利用可能です。またその収益は学生支援事業(奨学金等)に充てられています。

礼拝室(撮影:本学広報入試課)

礼拝室

国内の大学ではまだ珍しい礼拝室はシャワー室を完備しており、内部で2区画に分かれています。ここは祈りのための場であると共に、多様な価値観への気づきを促すグローバル教育の観点からも活用します。

  • 04
  • バーチャルキャンパスツアー

サツガク360°

「サツガク360°」は、札幌学院大学(サツガク)のキャンパスの様子を、360度カメラの画像で体験できるコンテンツです!新札幌キャンパスの1階?2階が360度カメラの画像で体験できます。
[Webサイト]サツガク360°-新札幌キャンパス-

  • 05
  • 新札幌キャンパスの研究科、学部、施設
  • 06
  • アクセスMAP
  • 07
  • キャンパス間をつなぐ循環バス(シャトルバス)の運行

循環バス(シャトルバス)

江別キャンパス?新札幌キャンパス間に、2021年4月よりシャトルバスを運行しています。

大学ロゴマークがスタイリッシュにデザインされたバスに乗り、2キャンパスを積極的に利用して充実したキャンパスライフを送ってください。

(循環)シャトルバスの運行時刻表

この循環バス(シャトルバス)は、経済学部、経営学部、経済経営学部、大学院地域社会マネジメント研究科の授業及びエクステンション講座、課外活動、就職活動行事、図書館に参加?利用する学生?大学院生、教職員、本学関係者が利用可能です。(利用者は、運転手に学生証又は教職員証等を提示して、乗車してください。)

運行する日は、平日の月曜から金曜までとし、土日祝祭日の運行はしていません。ただし、祝日に授業が実施される場合は運行します。

この循環バス(シャトルバス)は、授業等を受講するための運行であり、通学利用を保障するものではありませんので、公共交通機関の利用と併せて有効にご活用ください。